HOME >> 実験・工作  >> 2012年12月マンスリー実験レポート

2012年12月マンスリー実験レポート

チョコレートケーキ作り(幼児〜小学2年生)

子ども達の大好物のチョコレートを入れたケーキを作りました。溶かしたチョコレートを生地に混ぜるだけでいい香りがしてきて、焼き上がりが待ち遠しくなります。やはりみんな大好きで、ぺろりと平らげました。

でんぷんの観察(小学3年生〜小学6年生)

どんなものに「でんぷん」が含まれるのかを確かめる実験は10月に行いました。今回は、その中で調べた「さつまいも」と「じゃがいも」について、それぞれからでんぷんを取り出してみました。

1. さつまいもとじゃがいもをおろし金ですりおろします。
2. おろしたいもを、布に包んで水の中でもみ出します。
3. 液を違う容器にうつし、水を入れてかき混ぜ、静かに置きます。
4. うわずみを捨てて、残りを乾かすと白っぽいつぶが現れます。
5. ヨウ素反応で、つぶがでんぷんがあることを確かめました。
6. つぶに水を入れて電子レンジで熱すると、とろりとした「でんぷんのり」が出来ました。
7. けんび鏡で、つぶを詳しく観察しました。

ポテトパンケーキ作り(小学3年生〜小学6年生)

「でんぷん」つながりで、じゃがいものパンケーキを作りました。みんなでじゃがいもをすりおろし、すりおろしたじゃがいもに小麦粉、卵、ウインナーを入れて、ホットプレートで焼きました。ケチャップ、ソースなど好みの味つけでいただきました。「お好み焼きみたい」というのが一致した感想でした。